6/6

プロジェクト経験やスキルをもとに、企業が年収付きの指名を行なう競争入札型転職サービスです。厳選されたIT/Web系企業からダイレクトスカウトを受け取ることができます。年収UP率は93.8%、平均年収UP額は126万円と非常に高いです。主な利用者層は、経験年数1年以上のIT/Webエンジニア(25歳~45歳)。関東・関西・愛知の会社がメイン。

もし日程の合う転職フェアが無い場合は…

転職エージェントにキャリア相談もおすすめ

転職エージェントのおすすめとその比較
スポンサーリンク

オンラインの転職フェアの現状

オンラインの転職フェアは盛んに開催されています。対面式の転職イベントが制限される中、オンラインでの転職フェアが普及してきました。

オンライン転職フェアは、参加者が自宅やオフィスから参加できるため、交通費や時間の節約ができます。また、地理的な制約がないため、全国どこでも参加可能です。企業側も、オンラインだと大規模な会場を用意する必要がないため、コスト削減が期待できます。

オンライン転職フェアのやり方はさまざまではありますが、一般的には、企業のブースにアクセスして、ビデオチャットやテキストチャットで企業の採用担当者と直接話すことができます。また、企業のプレゼンテーションや資料を閲覧することもできます。

オンライン転職フェアの普及に伴い、企業と求職者のマッチングを効率化するための新たなツールやプラットフォームが登場しており、今後も盛んに開催されると予想されます。

オンラインの転職フェアに参加するうえで準備しておきたいこと

ITエンジニア向けの転職フェアに参加する際には、以下のものを準備しておくとよいでしょう。

  1. 【履歴書と職務経歴書】オンライン転職フェアでは、事前に履歴書や職務経歴書をアップロードする場合があります。また、企業に直接送付することもあるため、整理しておきましょう。
  2. 【自己紹介】企業とのチャットやビデオ通話で、短時間で自分をアピールするために、自己紹介文を用意しておくと良いです。
  3. 【イベントの事前調査】参加する企業のリストや開催スケジュールを確認し、興味のある企業やセミナーをピックアップしておきましょう。
  4. 【質問リスト】企業に聞きたいことや、自分に合った職場環境についての質問をリストアップしておくと、効果的なコミュニケーションができます。
  5. 【環境整備】オンライン転職フェアに参加する際は、ネットワーク環境やデバイスの確認、音声や映像のテストを行いましょう。また、背景が綺麗で静かな場所を選び、適切な服装を心掛けてください。
  6. 【ビデオ通話の操作確認】ZOOMやGoogle Meetsなど、オンラインの転職フェアで利用するアプリケーションを確認し、事前にスムーズに操作できるよう準備をしておくことをおすすめします。

これらの準備を行うことで、オンライン転職フェアで効果的な活動ができ、企業とのマッチングの可能性を高めることができます。


スポンサーリンク